サラリーマンは飲み物ですか?

イラストレーター兼サラリーマンの、日々のぶらり旅を書き綴っています。


スポンサーリンク

ガーディアンズオブギャラクシー2 4Dで観た感想。

ガーディアンズオブギャラクシー2

そんなにマーベルが好きなわけではないのですが、

友人に勧められて観てきました。

(ネタバレはしないように書きましたが、

多少本編の演出にも触れていますので、ご注意ください)

 

そもそも4Dを観るのが初めてだったんですが、

噂には聞いていたものの、ほんとすごいですね。。。

まず荷物を足元に置けないことにビックリしました。

返金式のコインロッカーに預けるか、膝に持ってなきゃいけないそうで、

どれだけ揺れるのだろう…と、期待させてくれます。

 

本編が始まる前、予告編がスパイダーマンだったのですが、

ここからすでに4Dの演出が始まります。

スパイダーマンのアクションに合わせて揺れる!

振動や風が実にすごい!

水しぶきも激しく、観終わる頃にはビショ濡れになるのでは?

と、思うくらいでした。

(本編以上に水しぶきがかかったのが、このスパイダーマンの予告でした。)

 

予告編でこの調子なら、本編はどんなにすごいだろう。。

と、期待で胸が高鳴る中本編開始!

いきなりの戦闘シーンで、

まるで本当に自分がその場にいるかのような臨場感。

昔、ディズニーランドのアトラクションで、

映像と座席の動きで本当に乗り物に乗ってるような

疑似体験をさせる乗り物があったかと思いますが、

それがさらに3Dになったかんじです。

乗り物に弱い人は酔ってしまいそう…。

 

一緒に観た友人は、何度か4Dを観たことがあるそうで、

ハンドタオルを持参していたのですが、その理由もよくわかりました。

この水しぶきがあがる演出、ほんとにけっこう濡れます。

顔付近にもかかってくるので、思わず顔を背けたくなるほど。

ハンドタオルがあると、顔にかかるのを防げるし

濡れたところもふけるので、重宝しそうですね。

特に女性は気になるなら持参するといいでしょう。

 

そして4D演出のもう一つの醍醐味、

それは「匂い」がするということ!

今回観た「ガーディアンズオブギャラクシー2」は

特に食べ物のシーンがあるわけでもなく、

匂いの演出といっても、いったいどんなものなのか、

想像がつきませんでした。

 

匂いの演出があったのは、爆発で焼けたり

星に不時着したシーンなど 。

なんだか焦げ臭いような土臭いような、なんともいえないイヤ~な匂いでした。

鼻につき、記憶と連動して覚えてしまいそうな、正直けっこう臭い匂いです。

4D経験者の友人曰く、

「前に観た4D映画も同じような匂いがした」とのこと。

(ただしこの匂い以外にも種類はあるらしく、

別の映画ではパンを焼くシーンがあった際は、

おいしそうなパンの匂いもしたそうです。)

 

そんなこんなで、「動き」「風」「水」「匂い」に

翻弄されながら本編を観たわけなのですが、

この4D、一度体験するとやみつきになりそうです。

物語の中盤、戦闘シーンよりも割と人間ドラマを描いていて、

人と人との会話がメインで進んでいたのですが、

もっと戦闘になれ!もっと激しく揺れてくれ!

4Dをもっと体現させてくれ!と、渇望してしまいました。

終盤ではその期待を裏切らない、壮大な激しい戦闘が繰り広げられ大満足です。

 

アクションやSFバトルのある「ガーディアンズオブギャラクシー2」は、

4Dで鑑賞するにはうってつけの作品だと思います!

 

 

 


スポンサーリンク