サラリーマンは飲み物ですか?

イラストレーター兼サラリーマンの、日々のぶらり旅を書き綴っています。


スポンサーリンク

有休の消化義務だけじゃない!4月から施行の「働き方改革関連法」。残業は原則月45時間まで?違反したら罰則が…!?

f:id:maxvess:20190403000516p:plain

前回の記事について、今回も働き方改革についてです。

この4月に施行された「働き方改革関連法」によって変わったのは

有給休暇の消化義務だけではありません。

残業時間も、罰則付きで上限が規制されることとなりました。

原則として残業は月45時間で年間360時間となります。

※ただし繁忙期には単月で休日労働を含み100時間未満。

月45時間の原則を上回るのは年6回まで、年間720時間の延長が可能。

ここら辺は少しややこしいですね…。。

 

これに違反した場合は、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金です。

もちろん罰則が適応されるのは、残業時間を超えてしまった労働者ではなく、

雇用している会社側です。

使用者である経営者をはじめ、監督している管理職などが罰則の対象となります。

管理職の方は、気を付けないといけません。

しかし、だからといってこの漫画のようなことをしては

法律違反になりますので、十分に注意してください!


スポンサーリンク