サラリーマンは飲み物ですか?

イラストレーター兼サラリーマンの、日々のぶらり旅を書き綴っています。


スポンサーリンク

アナログモデリングが流行した世紀末。20世紀最後の名機「KORG MS2000」

なつかしのシンセサイザーKORG MS2000。

その名の通り20世紀の最後の年、2000年に発売された.

アナログシンセをデジタルで再現する

ボコーダー付きのデジタルモデリングシンセだ。

f:id:maxvess:20200819230754j:plain

私が持っているのは写真のようにラックタイプのMS2000Rだが、

INPUTにマイクをさせば、もちろんボコーダーとしても使える。

DTPが定着してきた90年代後半から00年前後、

デジタルシンセ全盛の反動か、アナログシンセ回帰として

デジタルモデリングシンセが流行っていた。

Roland JP8080』、『Clavia Nord Lead』 などの名器が誕生する中、

MS2000はいい意味でKORGらしいチープさと、

10万円以下の低価格帯で

当時お金のない若者だった私としては、手ごろな

アナログモデリングシンセとして重宝した。

f:id:maxvess:20200819231106j:plain

AUDIO INにマイクをさせば、ボコーダーにもなった。

 

その当時使用していた機材は

生音再現の核として使用していた

PCMシンセの音源モジュール 『Roland XV5080』

80年代に流行った手軽に使用できるFM音源YAMAHA TX81Z』

そして、アナログシンセの代用としてアナログモデリング音源『KORG MS2000R』。

 

00年代はこの3つの音源を音楽制作のメインにしていた。

※あとはリズムパートとしてはサンプラーYAMAHA SU700を

シーケンス機能は使わずに、ドラムの音源替わりに使用していた。

 

その中でもMS2000は90年代に流行った小室サウンド

00年代の浜崎あゆみなどに多用されたシンセシーケンス音、

いわゆるピコピコ音を鳴らすのには重宝した。

あとは骨太のシンセベースなどのプリセットの音を

そのまま使用することも多かった。

 

ツマミを使って物理的に動かせるのは、今のPC上の

エミュレーターやソフトシンセでは絶対にできないメリットであり

(マウスではパラメーターを1つずつしか動かせず、レゾナンスとカットオフの二つのツマミをリアルタイムに2つ動かすなんて芸当はできない)

音を自由に作れるのが本機の最大のメリットだ。

f:id:maxvess:20200819230828j:plain

デジタルでありながらも、ツマミを物理的に動かして音作りできるのが特徴だ。

ただ、私はシンセで音源を作り込むというよりは

自分の思い描くサウンドを再現するために

プリセットをそのまま、もしくは少しいじって使うことが多かった。

 

昔作った曲を、Sound Cloudにアップしてみた。

①ベース音はMS2000Rのプリセット音 ※B09 Line Bass※

 https://soundcloud.com/maxvess8/base-is-ms2000

 

➁シンセシーケンス音はMS2000Rプリセット音 ※A01 Stab Saw※

https://soundcloud.com/maxvess8/the-synth-is-ms2000 

 

若かりし頃にお世話になった、思い出がつまった名器に違いないく

いまでも完全駆動なのだがここ数年は使用しておらず

もはや家ではただのオブジェと化している。

やっぱりメルカリで売ろう…そう思うこの頃である。


スポンサーリンク